バリ島好きの日本人と日本大好きのバリ人ガイドによるバリ島旅行のためのガイドブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Pura Ulum Danu Bratan(ウルン・ダヌ・ブラタン寺院)

Selamat malam~

日本人に有名なバリ島の観光名所は、ほとんど回ったことがあるので何か他に良い所ないかなぁ~って探してました。
そんなときにmimpi indah Lunaさんのブログで良さ気な所発見!!
早速、Wiiに電話して連れていってもらいました。
道中では、↓な景色も楽しめます。

途中のチャンディクニンには市場があり、ローカルの生活が垣間見れます。
この辺はイチゴの産地らしい。


ウブドから1時間半くらいで到着です。
駐車場から寺院までは歩いて2,3分くらいだったかな。

途中には土産物屋さんが連なってます。

入ってないけど、右手の方にはレストランがありました。
標高2000mあるらしくて涼しさが気持ち良いです。
クタよりは10度くらい気温が低い計算になります。

入場料は大人が1万Rp、子供は5千Rpです。

ガイドブックによると「生命を生み出す水」を豊かにたたえるブラタン湖。その岸辺に浮かぶ寺院のたたずまいに聖なる美しさを感じられるとのこと。
湖だけど満潮と干潮があります。
私が訪れたときは、満潮でした。
干潮の様子は、lunaさんがアップされています。


湖では、ボートにも乗れるみたいです。
ここは観光地なんですけど、日本人は少ないようです。
南部方面からロビナで抜ける観光客が訪れるらしい。
キンタマーニも良いけど天候が悪いことが多くせっかくの景観が眺められないことが多いので、こちらの方がオススメかも。
スポンサーサイト
[ 2010/04/20 20:27 ] その他のバリ | TB(0) | CM(4)
No title
またまたお邪魔致します。chempakaです。

ブラタン湖いいですねえ~。ブドゥギルに宿を取って
3日ぐらいのんびりしたことがあります。

ウブドからロビナにそのまま抜けるのは勿体ないですよね。
ブラタン湖に釣り糸を垂れるバリ人のおっちゃんの隣で
ボーっとしたり、近くの植物園をうろうろしたりして過ごしました。

ウブドからブドゥギルまではおっしゃる通りイチゴの産地で
景色が大変いいところですよね~。

ただし、車酔いする人には地獄かも(笑)
[ 2010/04/20 23:28 ] [ 編集 ]
No title
chempakaさん コメントありがとうございます。
ブドゥギルの宿は、のんびりできそうな場所そうですね。
一度、滞在してみたいです。
たしかに曲がりくねった道が多いので車酔いする人いるかも。
[ 2010/04/21 21:24 ] [ 編集 ]
No title
この寺院のたたずまいは幻想的で良いですよね~。
観光ツアーで慌しく立ち寄るよりは、時間を気にせずのんびりと過ごしたい場所です。
といっても、特にやることもない感じだけど。。
バリの人たちはピクニックのようなお出かけにも使う場所みたいですね。
その気持ちがなんとなくわかる気がしました。

リンク&トラックバックありがとうございました!
ワタシの記事は古くて参考にならないようなものなのでTBは遠慮して
文中リンクのみ貼らせていただきました。よろしくお願いします♪
[ 2010/04/22 21:31 ] [ 編集 ]
No title
lunaさん こんにちわ
涼しくてピクニックなんて最適ですね。
いつか、バリ島でバーベキューやってみたいです。
もちろん、一人旅じゃないときに。
[ 2010/04/25 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

TOMATO

Author:TOMATO
アジアやヨーロッパを中心に渡航し、ハマッてしまったのが『バリ島』
すっかりリピーターになってしまいました。
エンジニアなので欧米やアジアの各首都圏には出張で行けるけど、バリ島は産業が盛んではないので無理。でも、いつかはバリ島に住んでみたいです。
バリ島旅行に関する相談なら何でも受け付けます。気軽にメールフォームより連絡して下さいね。

日本語ガイド
最高品質なバリ島@ガイド&カーチャーター

banner2.gif
バリ島関連書籍
私自身もバリ島の情報集めとして愛読している書籍を中心に紹介させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。