FC2ブログ
バリ島好きの日本人と日本大好きのバリ人ガイドによるバリ島旅行のためのガイドブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sensatia botanicals(センセイシャ石鹸工房)へGo

Selamat siang!!

バリ島で石鹸といえば、『ブラットワンギ』が有名だと思いますが、
センセイシャの石鹸も知名度をあげつつあります。
ということで、工房へ初訪問してきました。

場所は東部ビーチ方面(チャンディダサの少し北へ車で15分くらい)です。
工房の詳しい場所ですが、私の地理レベルでは説明できまへん。
行ったことある友人ガイドに場所を聞きましたが、それでも分からん。
だって、看板もないですもん。
IMG_8617.jpg

何とか近くの村人に聞いても分からない。
工房の数m先まで来ても気付かずに、道端でお喋りしている人に聞いたら、たまたまスタッフだったらしく、
工房を開けて案内してくれました。

【工房入り口】
IMG_8613.jpg

いやぁ~、運が良かった。
夕方4時過ぎだったのでその日の作業は終了らしく、
石鹸を作っている姿は見られませんでした。
商品は倉庫部屋みたいなとこに並べられ、選び放題。
IMG_8615.jpg
IMG_8614.jpg

こんだけ並んでるとうれしくて沢山買ってしまった。
IMG_8659.jpg

使用期限内に使いきれないだろうな~
※ちなみに日本へ石鹸を持ち込む場合、免税範囲は24個までです。

ちなみに工房から100mくらい先にビーチがあります。
訪問後は、ここで一休憩すると良いですね。
『ザ・ローカルビーチ』って感じです。
IMG_8621.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/06/06 16:37 ] その他のバリ | TB(0) | CM(6)
チャンディダサ
チャンディダサですね。
アラックです。
ここには石鹸工房?が二つあるようですね。
夏には是非行ってみたいです。

アメットのアクテラスさんでも、センセンシャの
石鹸でした。
[ 2011/06/06 21:03 ] [ 編集 ]
アラックさんへ
コメントありがとうございます。
石鹸工房二つあるんですか。
知らなかったです。
バリ島には石鹸工房たくさんありますもんね。
[ 2011/06/07 23:13 ] [ 編集 ]
センセイシャ大好き
わたしなんて、定休日の日曜日に行ってしまい、
わざわざ開けてもらって買い物させてもらいました。
そんなにたくさん買うつもりはなかったのに、
せっかく休日に来てもらって悪いな~と思って、
いっぱい買っちゃいましたよ。
その石鹸もそろそろなくなっちゃいそうです。
どうしよ~。
[ 2011/06/08 23:42 ] [ 編集 ]
Mihoさんへ
コメントありがとうございます。

日曜日に行くってすごいですね~
もし、開いてなかったらそこまでの労力が、、、。
私は早めに行こうと思っていたのですが、その前の用事で寛ぎすぎて遅い時間帯になっちゃいました。
でも、仕事終わりにみんなで井戸端会議してたみたいで、ラッキ~v-221
工房以外だと、ウブドのスカールクニンくらいでしか手に入らないんですかね??
[ 2011/06/09 20:01 ] [ 編集 ]
南部だと
南部ではスミニャックの
「マイアイランド」に
置いてありますよん
[ 2011/06/13 14:06 ] [ 編集 ]
Mihoさんへ
「MyIsland」ですか~
灯台元暗しでした。ブラットワンギとかは置いてあった記憶があるんですけど、センセイシャもあるんですね。
[ 2011/06/13 17:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

TOMATO

Author:TOMATO
アジアやヨーロッパを中心に渡航し、ハマッてしまったのが『バリ島』
すっかりリピーターになってしまいました。
エンジニアなので欧米やアジアの各首都圏には出張で行けるけど、バリ島は産業が盛んではないので無理。でも、いつかはバリ島に住んでみたいです。
バリ島旅行に関する相談なら何でも受け付けます。気軽にメールフォームより連絡して下さいね。

日本語ガイド
最高品質なバリ島@ガイド&カーチャーター

banner2.gif
バリ島関連書籍
私自身もバリ島の情報集めとして愛読している書籍を中心に紹介させて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。